アメリカより最強の耐衝撃ケース日本再上陸
米国マイアミに本社を置き、全米はもとより北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアと世界のiPhone/iPadユーザーに使用されてるBallistic社製iPhone・iPadケースが約1年ぶりに日本再上陸 !
バリスティックは革新的デザイン、耐久性のある材質、および20年を超える経験を通じて、全てのライフスタイルで 防護のソリュージョンを提供します。

HEXTEC

HEXTEC
シンプル作りのものから重装備のものまで、
BALLISTICの全ての製品は、
BALLISTIC規定HEXTECの
6面落下衝撃防護技術を取り入れています。

BALLISTIC CORNERS®

HEXTECは四隅の防護を確実にしています。iPhoneの落下時は、ほぼ四隅からの着地となるため、耐衝撃性のシリコンバンパーにより補強しています。
これらのケースは装着したままで全ての操作を邪魔することなく、デザインはスタイリッシュで最小限なデザインに仕上がっています。

BALLISTIC CORNERS®

盛り上がったリップ&コーナー

ケースのスクリーン側の四隅を立ち上げることにより、平面での落下に際してもiPhoneのスクリーンが接触しないようにしました。

盛り上がったリップ&コーナー

耐衝撃防護

Ballisticケースの全製品は最小限約2メートル位置からの落下衝撃に耐え得る設計となっています。
衝撃吸収ポリマーと衝撃吸収ポリカーボネートのシェルを加えることで、文字通り最強の耐衝撃ケースを使用する事が出来ます。

耐衝撃防護

BALLISTICの哲学

B LABS ENGINEERING
最大の保護機能と
スタイリッシュでミニマルなデザイン

熟考されたデザイン

他のケースはデザインのために必要な本質を犠牲にしていますが、Ballisticチームはパーフェクティングプロテクションのみが両方を獲得できていると考えています。
Ballisticケースの全てのデザイン要素は、保護という機能が何よりも優先されています。

DELIBERATE DESIGN

耐用性のある材質

Ballisticは人間工学にもとづく特別な感触を維持しつつ強い衝撃を吸収するように低硬度(ハードだがそれほど硬くはない)含有物を使用しております。
この含有物は工業界でも特殊なもので、この開発にBallistic社は大変な努力をして参りました。例えば、これはBallisticケースではめずらしくないのですが、繰り返しの落下テスト、滑りテスト、ひっぱり・圧着テスト、あらゆる環境下での耐久テスト、ポケットからの何千回にもわたる出し入れなどを実施しています。
ミニマムにデザインし、数多くテストを通じてどのように衝撃を吸収するか打撃を減衰できるか、擦過に耐え得るか、浸水を防げるかについて、Ballisticは常に最大の防護を提供することが約束できるのです。

DURABLE MATERIALS

統制のとれたプロセス

専門家的識見や創意工夫が全てのBallisticケースの創造に費したことで、Ballisticは他社ケースメーカーと一線を画すことができました。
Ballistic社は軍事用品のデザインに10数年関わることができたことであり、戦闘という極端に過酷な条件下でも役立ったことである。更なる立証テスト、完全なエンジニアリング、製造関連文書などが品質を確かなものとし、どのケースも統一性を維持しています。
Ballisticの経験的アプローチなしには、革新的なHextecの6隅落下衝撃防護システムや衝撃吸収エアギャップサスペンションスプリングや、不朽の180°回転式ホルスタークリップなどは創造できなかっただろう。
しかし、お客様が完全な防護を最終目的とされている限り、達成が出来たものである。

DISCIPLINED PROCESS

BALLISTIC Twitter 日本公式アカウントはこちら